アニメ・漫画の速報まとめ

SOURCE JAPAN GLOBAL



Location: アニメ・漫画の速報まとめ > ヤマカム > 「さよなら絶望先生」大往生に見事に完結でした


ヤマカム


「さよなら絶望先生」大往生に見事に完結でした




「さよなら絶望先生」30巻が発売されました。
1集と同じ柄の着物にカバン。裏表紙は花嫁姿の風浦可符香。
これが最終巻です。7年間の連載…まさに大往生といったところです。もうボロボロ泣きながら読みました。マガジン掲載時に個別で感想を書いているのでそちらも参考に。
<参考>
最終話、「さよなら絶望先生」堂々の完結、感動的な最終回
300話、「さよなら絶望先生」ゾクゾクゾク!衝撃展開すぎる件
299話、「さよなら絶望先生」イヤッホオオオウ!衝撃展開すぎる件
298話、「さよなら絶望先生」うわああああ!衝撃展開すぎる件
297話、「さよなら絶望先生」謎は一つだけ解けた!
296話、「さよなら絶望先生」新・陳・人
295話、「さよなら絶望先生」四月COOL
294話、「さよなら絶望先生」卒業しない者、卒業する者
293話、「さよなら絶望先生」共同幻想
292話、「さよなら絶望先生」入れ替えればや物語

298話から最終話までの怒涛の展開っぷりは何度も衝撃を受けたものです。最高でした。感動しました。そも、久米田先生は最後の4話は以下のように綴っていました。

最後までお付き合いしてくれた皆様、本当にありがとうございました。本の売り上げを見れば一目瞭然。途中でバスを降りていった人が大勢います。最後までご乗車していただいたみなさん、ありがとうございます。最終巻にもバス停を4つ用意しました。どこで降りても最終回っぽい作りにしました。マルチエンディングでなく一本道ですが、降りるところは選べます。鬱エンドとハッピーエンドを交互に躁鬱を繰り返すように作りました、どこのバス停で降りても構いません。

ほう、最終回は4つあって自由に選んでくれとな。既に以前に書きましたが、4つの最終回について、もう一度さわりだけでも。個別で感想書いちゃってますので、そっちのがじっくり述べてます。

【298話、ようこそ絶望先生】
絶望少女達がまさかの全員死亡ENDという…ものでした。いよいよ卒業式となり卒業生である絶望少女達が名前を呼ばれるんですが、呼ばれる名前は「千陀新院柚里真線童女(木津千里)」、「離無院巣徒乙家童女(常月まとい)」、「申訳無院愛夢想梨童女(加賀愛)」…というもの。故人に対する戒名である。


卒業
まさかの全員死亡ENDである。
とはいえ、絶望少女達はみな笑顔で感謝していた。席替えならぬ籍替え、鬼籍に入る…。絶望少女達は全員死んでいたけど、糸色先生のお陰で笑顔で卒業していった…これも一つのENDです。
・「さよなら絶望先生」うわああああ!衝撃展開すぎる件

【299話、絶望の組と幸福な少女たち】
ヒロシは成仏していない!という事で、現世からの卒業、未練があり漂ってるヒロシくんの魂をこの世から成仏させる為に交は依代となる。つまり絶望少女達も成仏していない幽霊の依代であった事が判明。

298話での卒業式は、成仏していない霊を卒業(成仏)させる為のものでした。で、肝心の中身、依代となった絶望少女達は自殺未遂者であり、依代となり二のへで霊を成仏させる為の学園成果をしていた、と。


成仏できない霊の代わりに学園生活を送っていた…けど
本当じゃない生徒、本当じゃない級友、本当じゃない先生、出身も年齢も違う縁もゆかりもない者達が何かの力によりこの教室に集められた。最初は依り代として始めた偽りの学園生活だったけど、それはいつしか私達自身の学園生活になり、私達2のへは本当のクラスであり、みんなは本当の級友でした。

涙腺に直撃の感動的なエピソード。
そして、糸色先生は絶望少女にとって本当の先生でした。最後に絶望少女達が「絶望先生ーっ」と声を揃えるのは涙無しでは読めません。まさにハッピーエンドです。これも一つのENDである。
・「さよなら絶望先生」イヤッホオオオウ!衝撃展開すぎる件

【300話、私たちの知ってる可符香ちゃんは天使みたいないい子でした】
299話まででいいエンディングであったと心から思えるんですが、一つだけ忘れています。そう、風浦可符香の存在を。途中から綺麗サッパリ消えてしまった彼女は、どうしたんだってばよ!

実は彼女、事故に合って死亡していたのです。PN風浦可符香の本名は赤木杏。そして絶望少女達はドナー提供を受けていた…という。絶望少女が交代で風浦可符香を演じていた…、いや交代で出現していた。共有人格、PN(パーソナリティー)シェアリングである。


交代で風浦可符香になっていた
ヒトリの人間が複数の人格を有する多重人格とは逆に、一人の人格が複数の人間の中に存在していた。ちなみに風浦可符香というPN(ペンネーム)の由来はフランツ・カフキア、変身である。

ある朝目覚めると風浦カフカは、小節あびるになっていた
ある朝目覚めると風浦カフカは、木津千里になっていた
ある朝目覚めると風浦カフカは、(常月まといになっていた)
ある朝目覚めると風浦カフカは、(小森霧になっていた)
ある朝目覚めると…


風浦可符香は…
なっていた。
さよなら風浦カフカ

これも一つのENDである。
風浦可符香は絶望少女が順番でなっていた。最後に1話の糸色先生とカフカの出会いのシーンである。倫ちゃんの「(交は)望兄様のように鍛えていない」という台詞からも、糸色望は首を鍛えて霊の依り代であったのである。つまるところ、成仏してない霊・赤木杏、依り代・糸色望という。

9話の今週の絶望先生は取材の為にお休みした時など、代わりに知恵先生が出席を取っていましたが、「赤木」と呼ばれる生徒がいました。糸色先生が赤木杏の依り代である可能性が微粒子レベルで存在する。
・「さよなら絶望先生」ゾクゾクゾク!衝撃展開すぎる件

【最終話、さよなら絶望先生】
連載時では途中から消えてしまった男子生徒についても、単行本ではきちっと回収していました。最終回に向けて怒涛の伏線回収が行われ、何度も唸らされましたが、男子生徒まで回収された感無量です。


男子生徒
コミック描き足しの最終話では、対象GUYの三人が登場し「オレたちの伏線回収の対・象・GUY」と登場し、青山&芳賀も出てきて事の真相を追求。男子生徒は、糸色先生に何かあった時のバックアップメンバーとして集められたそうです。

そして、最大の感動はヤッパリ赤木杏ちゃんである。
事故にあって成仏出来ない、糸色望が依り代となって…という感じだと思うのですが、赤木杏は成仏出来たのかっていうね。まず、絶望少女達の中で風浦カフカは消えてしまっていた。もう忘れてしまっている。それでも!


歌ったんだ!
歌詞付きのトロイメライである。
10話でカフカが歌った不気味な曲を、絶望少女達が歌う。そう、陳腐な言い方かもしれないどけど、風浦カフカは絶望少女達の中で生き続けているのでした。

そして大団円である。


カフカ
最後に糸色先生が協会で出会った少女。「あなたは誰の中のカフカさんですか?」と問いかけると、そこには花嫁姿の風浦カフカがいたのである。誰の中って糸色先生の中じゃないですかね。なんとも綺麗な終わり方でした。
・「さよなら絶望先生」堂々の完結、感動的な最終回

紙ブログでは最終回について久米田先生は以下のようにコメント。

よくみんなに聞かれます。「このオチは最初から考えていたのですか?」と。愚問です。この質問は愚問です。サッカー選手へのインタビューで、当り損ないやパスミスでたまたま入ってしまったゴールに対して「あのシュートは狙ってたんですか?」の質問に、ストライカーだったらこう答えるはずです。「最初から狙ってました!」と…。いや…これじゃ狙ってなかったみたいじゃないですか?一応本当に最初から考えていたんで。

久米田先生の言う通り、最初から狙っていた事でしょう。読み返せば、初期から伏線バンバン張ってましたから。ちなみに単行本の描き足しには、赤木杏ちゃんが車に惹かれるシーンまで掲載。


赤木杏ちゃんが事故に遭う
(´;ω;`)ブワっ

涙腺崩壊である。
最終回ラストの花嫁姿の風浦カフカ、いや赤木杏ちゃんには成仏できていない印でもある羽根が舞っていた。マガジン掲載時はこれで終わったので、一つの疑問が残ったものです。赤木杏ちゃんは成仏出来たのか、幸せだったのか、と。29集の表紙では卒業(成仏)してないようでした。



卒業式仕様のうろペンに羽根が舞い浮かない表情。まだ卒業(成仏)できていない赤木杏といったところか。そして、カバー折り返しの「あとがき」である。僕の涙腺は崩壊したのは言うまでもありません。

私の名前は、赤木杏。でした。
ある日突然、暗い闇の底にいるところを、たくさんの仲間たちに光の世界に引っ張り上げられました。楽しかった運動会。楽しかった修学旅行。楽しかった文化祭。楽しかった。

私は幸せでした。

。・゚・(ノ∀`)・゚・。
本当に良かった。赤木杏ちゃんは成仏したんだ。幸せだったのだ。もうね、最後の「あとがき」で、死ぬほど泣きます。最高に感動しました。胸が熱くなったんだ。

ちなみに30集には「一つの可能性としての第30X話」も収録。いわゆる後日談というよりは「if」の世界といったところ。というのも、共同幻想は終わってるはずなのに、まだ共同幻想が続いている感じですので。ある意味ハーレムを皮肉りつつも、しっかりハーレムエンド。しかも、ちょい恐怖有り。


ちょい恐怖有り
ゲーム「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の腹ボテ以上の衝撃である。全員出産END.しかも子供がカフカそっくりという。怖っ!

また「あとがき」のイラストがいいんだ。
以前にも解説しましたけど、「さよなら絶望先生」はアニメと漫画がいい意味でリンクしているんですよ。
<関連>
・今「【獄・】さよなら絶望先生下巻」を見返すと鳥肌もの

原作の最終回を読んでアニメのOPを見直すと、「おお!」って唸るんですよ。それはEDでも同様で、「かげろう」の歌詞「ささげる残らず」、「オマモリ」の歌詞「ここで死んだら死に損まっぴらよ」など、これ赤木杏ちゃんの歌じゃんという、奇妙なリンクと深さがあります。

そして、あとがきのイラストよ。


あとがきのイラスト
「暗い闇の底にいるところを、たくさんの仲間たちに光の世界に引っぱり上げられました。」

赤木杏ちゃんが光の世界に引っ張り上げられたというイラスト。暗い闇の底から見上げれば、手、手、手である。この時の手はやっぱり「人として軸がぶれている」からポロロッカしたのでしょうか。


ブレブレブレ
アニメと原作のリンク率が素晴らしいじゃないですか。
畳職人もビックリな畳みっぷりで大往生の7年間でした。これで「さよなら絶望先生」が終わりで、心にぽっかり穴が空いたようです。

「さよなら絶望先生」最高の漫画でた。
<関連>
・「さよなら絶望先生」堂々の完結、感動的な最終回
・「さよなら絶望先生」ゾクゾクゾク!衝撃展開すぎる件
・「さよなら絶望先生」イヤッホオオオウ!衝撃展開すぎる件
・「さよなら絶望先生」うわああああ!衝撃展開すぎる件

さよなら絶望先生(30) (講談社コミックス)posted with amazlet at 12.08.20

久米田 康治
講談社 (2012-08-17)

Amazon.co.jp で詳細を見る

Date: | View: 11,886

ヤマカム


Twitter


Related